記憶力を維持するための成分イチョウ葉エキスサプリ






          記憶力を維持するための成分を
           1粒に配合

         機能性表示食品キオクル
         中高年の方の認知機能の一部である
           記憶力を維持!

         イチョウ葉エキス プラズマローゲン
          サプリメント dha EPA フェルラ酸

           商品番号 1733

         メーカー希望小売価格 10,800円 (税込)
           価格  1,944円 (税込) 19ポイント


プラズマローゲン& イチョウ葉入り EPA DHA 知的栄養素






キレイ・デ・プラズマローゲン
60粒/30日分 【初回限定】


プラズマローゲン イチョウ葉
EPA DHA 知的栄養素 健康サプリ

商品番号 plasma-4500
メーカー希望小売価格 6,000円 (税込)
価格 4,500円 (税込) 45ポイント

送料無料

注目成分プラズマローゲンを高配合 忘れたくないEX






国産ホヤから抽出した
プラズマローゲンを高純度で配合
した健康補助食品(サプリメント)です。

今や「考えるチカラ」もサプリメント
でケアする時代です。

最近の研究で、クリアな毎日との深い
かかわりが注目されている栄養成分
プラズマローゲンは、
カラダを構成する重要な栄養成分ですが
年齢とともに体内で作られにくくなり
減ってしまうという研究データ
もあります。

毎日の食事でバランス良く補うこと
は大変という方は、プラズマローゲンや
健康サポート成分DHA,EPA,核酸
イチョウ葉などを一度に摂れる
「忘れたくないEX」をお試しください。
高齢者対策が気になり出した
多くの方が注目しています。


【送料無料】
注目成分プラズマローゲンを高配合!
中高年のクリアな毎日をサポート!

★さらに300円オフクーポン
★プラズマローゲンエキス
【高配合3,000mg】
30日分 送料無料
忘れたくないEX サプリ 60粒

商品番号 6000wa10001
価格 5,800円 (税込)


認知予防のカギ プラズマローゲンとは




    プラズマローゲンとは?~~~~~~

 
   ストレスを受けると脳細胞が酸化され劣化してしまい
   これが脳疲労の主な原因です

    プラズマローゲンは、脳細胞の酸化や脳疲労を
    守ってくれる人や動物の体内にある
     抗酸化やイオン輸送に重要な役割を果たす
     リン脂質の一種です。



   認知症とプラズマローゲンの関係~~~~~

    認知症の中でもっとも多いアルツハイマー病
    の研究は、患者の脳内に異常に蓄積する
     タンパク質 アミロイドβ や タウ
     に関するものが中心だったようで

   20世紀末にアメリカで、アルツハイマー病患者の
   解剖された脳で プラズマローゲンが減少している
   ことが明らかになり、長年の脳疲労の研究から
   プラズマローゲンが脳疲労、認知症のカギになる
    と考えられるようになったようです。


   プラズマローゲンの抽出・精製~~~~~

    国のプロジェクト研究として
    プラズマローゲンの抽出・精製から始められた
    ようですがそれは予想以上に困難を極めたようです

    幸いにも研究チームの馬渡志郎博士がそのほとんど
    すべてを突破する発見をし、2009年、ついに
     高純度のプラズマローゲンを大量抽出・製造する
    ことに世界で初めて成功したのです。先生は九州大学の
     同期で脳神経・赤血球膜の生化学的研究に関しては
     世界的権威です。
     これで一挙に動物、ヒトへの投与が可能になりました。




         プラズマローゲン 研究グループより参照
     http://k-ijishinpo.jp/article/2015/201503/001870.html



 認知症予防する食材の種類


       ひと昔前まで ”予防できない”と言われていた
       認知症ですが、世界中でさまざまな研究が進み
       最近では” 様々な予防方法” が分かってきています。

       認知症 食生活で予防する

       和食が認知症予防には効果的だといわれます
      その理由は、DHAやEPA等の不飽和脂肪酸が
        魚や野菜に含まれており、低カロリーの料理
        が多いからです。

四角数字9    認知症予防する食材の種類

     * 青魚(サバ・イワシ)・マグロ・ぶり・うなぎ・鮭
       血中コレステロールを下げる不飽和脂肪酸の一種DHA
       (ドコサヘキサ塩酸)が含まれています

     * 大豆製品血中コレステロールや中性脂肪を低下させる
       働きがあるレシチンが含まれている納豆血栓の
       主成分フィブリンを溶かす働きをするナットウキナーゼ
       が含有
    
     * しいたけ
       コレステロール値を下げる働きがあるエリタデニンが
        含まれています

     * オリーブオイル
       アルツハイマー型認知症の原因と言われるアミロイドβ
       の量を減らすオレイン酸が含まれている
        ココナッツオイル体内でケトンという脳のエネルギー源
       に変換させる中鎖脂肪酸トリグリセリドが含有

     * チョコレート
       (乳脂肪分や糖分の少ないカカオ70%~90%配合のもの)
        動脈硬化の防止やストレス緩和に効果が
       あるカカオが含まれています

     * ブラックコーヒー
      (1日1~2杯)脳に刺激を与えるカフェインが含まれ
      ているセロリ年齢を重ねることで過剰分泌され
       脳そのものに炎症をあたえる炎症性サイトカインを
       コントロールするルテオリンが含まれています

     * ビーツ
       血管を拡張させ血流をよくし、酸素不足になっている
      組織へ酸素をとどける亜硝酸塩に変化する硝酸塩が
      含まれているぶどう(果汁100%)抗酸化作用
      抗炎症作用があるポリフェノールが含まれています

     * ウコン
       抗酸化作用が期待でき、アルツハイマー型認知症の原因
      と言われるアミロイドβを除去するクルクミンが含有四角数字9


    これらの食材を毎日何らかの形で 摂取することで
     認知症にかかる 確率がおさえられるのなら。。。。。
     それだけでも意識して おぼえておきたい食材ですネ

認知機能サプリ プラズマローゲンEXとは


     日本社会の高齢化が進むにつれて
     認知症予防 とその対策は避けられない問題です。

     65才以上の高齢者の7人に1人は認知症
     と言われている現在

     高齢者のいるご家庭で手軽な認知症対策に
     なるのでは?と注目されているのが
     TV TBS「夢の扉+」で放送されて話題
     となった:プラズマローゲン:という成分です。


     プラズマローゲンEXに含まれる
    プラズマローゲンという成分は
     認知症患者の脳から減少していることが
     判明して以降、認知症との関わりが研究
     されてきた注目の成分です。

    プラズマローゲンは人間の脳以外にも
     鶏などの動物、ホタテなどの魚介類に
     存在する”リン脂質”の一種で加齢などに
     よって減少していくため、早めに継続的な
     摂取をするのことで認知症予防や症状の改善
     に効果的であることがわかってきているようです


    その一方で、プラズマローゲンは熱や酸などに
    よって壊れやすい性質を持っていて、そこに
    あるのはわかっていても、プラズマローゲン
    そのものを抽出するのは技術的に
     とても困難でありました


   プラズマローゲンEXでは、世界で初めて
   特許を取得した製法に基づいて
   鶏の胸肉から抽出されたプラズマローゲン
    を使っています。

  

    プラズマローゲンは約1トンの親鶏から
     たったの数10グラムしか抽出できないほど
      貴重なモノなのです


  更に体内で効率良く吸収できるよう
  胃酸で溶けない耐酸性のカプセルを採用しています。
  これによって、腸まで届くよう効率よくカラダに
   吸収できるようになりました

  









認知症の初期症状 


     認知症の初期症状に「怒りっぽくなった」
     などがよくあるようです
     また、認知症でなく、病気などでも
      認知症と同じような症状が表れることが
      あるので、もしやと思った場合は
      病院で診察を受けることが大事です。

    その他の認知症の初期症状~

    •受話器を置くと誰からだったのか
      相手の名前をすぐ忘れる。
    •同じことを何度も言ったり
      質問することがある。
    •物をしまった場所や置いた場所を忘れる。
    •新しいことがなかなか覚えられなくなった。
    •話をしていてもつじつまの合わない
    •自分の失敗なのにそれを人のせいにする。
    •ちょっとしたことで怒りっぽくなった。
    •周りへの気づかいがなくなった。
    •意欲がなくなりすきだったことにも
      興味を示さなくなる

加齢による物忘れと認知症の違い



      年をとると物忘れはなぜ起きる?

     心臓が動くのも呼吸できるのも脳があるからで
      私達が生きていくには絶対に必要です。

     脳には中心となっている神経細胞があり
     電気信号によって情報をやりとりしています。

     その数は大脳で数100億個
     小脳では1000億個にもなるようです

    神経細胞は呼吸や心臓を動かすだけではなく
    経験した事からいろんな事を学んだり
    言葉を話したり、感動したり
    すべての出来事を記憶する働きもあります。

     でもこの脳の発達は20歳までで
     その後は徐々に小さくなっていきます
     そうなると 神経細胞も減り
     記憶する力もまた徐々に退化してしまうのです。


  ~~~ 加齢による物忘れと認知症の違い ~~~~

      加齢による物忘れとは
      記憶した物をしまっておく
      引き出しが中々開かないということで
     、引き出しを開ける事さえできれば
       その中に何がはいっているかは
       思い出せます
      
     それと比べて記憶の引き出しの中に
      記憶が残っていないのが認知症です
      いくら引き出しを開けても
       何も思い出せないのです。